×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

倉本裕基 霧のレイクルイーズ

Image Replacement
スポンサード・リンク

倉本裕基(くらもと ゆうき)とは

倉本裕基 プロフィール
くらもと ゆうき

作編曲家 ピアニスト



1951年9月10日生まれ

本名 北野  實 (きたの みのる)

6歳よりクラシックピアノを始める。

経済的理由で音大に進学できず、
東京工業大学へ進学。

東京工業大学修士課程卒(理学部応用物理学)。
在学中よりピアノが関わるおよそほとんどの種類の仕事を経験。

ピアニストの夢を諦めきれず、
クラブやバーでピアノの仕事をし、ピアノの腕を磨く。

1986年 35歳の時にオリジナルCDアルバム『愁湖』でデビュー。
そのメイン曲「霧のレイクルイーズ」は多くの人々に親しまれている。



1999年からは韓国においても毎年各地でコンサートを開催し、
毎回満員の盛況ぶり。

2003年 日韓首脳会談の際、当時の小泉純一郎首相から晩餐会に特別ゲストとして招待される。

2004年 レコード大賞特別賞受賞。

洗練されたスタイルのポピュラーピアノの演奏家でもあり、
コンサートではウイットに富んだトークも交え、
くつろげる雰囲気作りに心を砕いている。

韓国での知名度は圧倒的で、
CDの売上は韓国で多く、コンサートチケットも10分で完売。

サイン会には3,000人が押し寄せるほど。

ニューズウィーク誌では、
「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれるほどに。

趣味はダジャレ。

倉本裕基が手がけたテレビドラマ音楽

■人間の証明 93、BS日曜ドラマ「スキップ」 96、君が見えない 94、

■二人の母(芸術作品賞受賞)94、NHK新銀河「ラスト・ラヴ」、「時よ止まれ」95, 

■帯番組「あすを読む」(NHK)、「ザ・ホテル」(テレビ朝日系列)テーマ、

■BS2大型企画「石光真清の生涯」98 金曜時代劇「物書き同心いねむり紋蔵」98 

■NHKドラマ館「鯨を見た日」99、NHKドラマDモード「もう一度キス」ほか

■「ジェニファ?涙石の恋」04 音楽担当

■韓国映画「甘い人生」05 “ロマンス” が挿入曲となる。

■韓国ドラマ「朱蒙(ジュモン)」06 “愛の記憶”が挿入曲となる。


倉本裕基のCD&DVD

 倉本裕基 名盤選03::追想-ロマンス-

「追想-ロマンス」に収録されている
セカンド・ロマンス」という曲は、
韓国ドラマ「冬のソナタ」の主演女優・チェ・ジウが、
涙を流す演技の前に聴き、気持ちを高めたといわれている。



スポンサード・リンク

な行の有名人プロフィール

ま行の有名人プロフィール

スポンサードリンク

気になる有名人たち