×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スギちゃん ワイルド

Image Replacement
スポンサード・リンク

スギちゃんとは

スギちゃん プロフィール

お笑いピン芸人
七三分け、破かれたジーパンとジージャンがトレードマーク。
(ジーパンとジージャンは下北沢の古着屋で購入)

「○○だぜぇ〜 ワイルドだろ〜」というネタでブレイク。



本名 杉山英司(すぎやま えいじ)

1973年8月24日生まれ
出身 愛知県尾西市(現・一宮市)

父親はマジシャン。

小型2級船舶、キャンプインストラクター、温泉ソムリエの資格を持つ。

お笑いコンビ「フランクフルト」のメンバーとしてデビュー。1998年に解散。
1998年11月に沢原宜之と「霊血サンデー」を結成。
のちに、「機械犬」(メカドッグ)、片仮名のみの「メカドッグ」と変遷

2012年お正月に放送された
「新春レッドカーペット」にて、
初出演ながら栄えあるレッドカーペット賞を受賞。

その後のテレビ出演を期待してアルバイトを辞めたが、
全く仕事のオファーがなかった。

再びアルバイトの面接を受けるも、
本人曰く、
「38歳を過ぎると全然面接通らないぜぇ〜。焦ったぜぇ〜」
と、金銭面において再び苦しい生活を余儀なくされたことを、
「SMAP×SMAP」出演時に語っている。

レッドカーペットの後、
2012年のR-1ぐらんぷりに出場し、準優勝を獲得し、
一気に大ブレイクを果たす。

マネージャーは、鳥居みゆきなども担当している小林雄司氏。

2012年7月25日に、
DVD「ワイルドだろ〜」が発売予定。



2012年6月9日に放送された「リアルスコープZ」では、
「砂場の外側の砂で砂遊びしてやったぜ〜。ワイルドだろ〜」
という、DVD未収録部分が放送される。

似ていると言われる有名人は、IKKO。
憧れのの芸能人は、ダウンタウン。

実は子ども好き。
趣味は、ふれあい。
宝物は、ファンからの贈り物。
カラオケ得意曲は、桑田佳祐の「東京」。
好きな芸能人は、上戸彩。



スギちゃん 芸能生活の歩み

スギちゃんが芸人を志し始めたのは少年時代。

元々は高校球児でスポーツマンだった。
高校時代には、中部日本放送の「ミックスパイください」という番組に出演。
レポーターの平野裕加里が野球部を訪れるという内容だった。
当時から皆を笑わせる人気者だったという。

高校卒業後、20歳の時にお笑いの世界へ入る。
元々は浅井企画所属のメカドッグというコンビ芸人だった。
相方は沢原宣之(現在は引退)。

しかしメカドッグは一度も脚光を浴びることなく2008年にコンビ解散。

お笑いの夢を捨てきれなかったスギちゃんは、
ピン芸人の世界へ進む。

それでも人気は上がらず苦労の毎日が続いた。
一時期は芸人をやめようと悩んだこともあった。

ワイルド・スギちゃんのキャラが出来る上がるまでには、
様々な迷走が続く。

まずは「おっぱい先生」。

おっぱい先生は本人的に手応えはあったものの、
下品という声が絶えず、あえなく終了。

次に生み出したのが、
マネキンのたけしくんとコンビを組んだ
「えいじぃず」。

しかし、毎日毎日マネキンを持ち歩くのが面倒になり、
わずか2ヶ月で終了。

次第に迷走を始め、
「馬鹿大将」「節子」「チアリーダー」「ぷーちゃん」
「イエスマン」「エアー」「ハナノシタノビコ」
「テニス」「落語君」「アイドル・スギちゃん」など、
3年間で20個以上のキャラクターチェンジを繰り返し、
もう訳がわからなくなり始めていた時、
日本中を席巻するキャラ・ワイルド「スギちゃん」で大ブレイクする。

ちなみに、同期のお笑い芸人としては、
タカアンドトシ、ブラックマヨネーズ、
次長課長、スピードワゴンなどがいる。

現在の所属事務所サンミュージックの先輩芸人には、
小島よしお、ダンディ坂野、髭男爵、ゴー☆ジャスなどがいる。


スギちゃんの自宅

ブレイク後、半年経過した2012年6月において、
スギちゃんが住んでるアパートは、4畳半一間。

トイレと風呂は、一体となったユニットバス型。

家賃は42000円。

置いてある液晶テレビは16インチ。

部屋の中は、常に散らかりっぱなしの状態。

置いてある愛読書は、



お笑い芸人に学ぶ ウケる!トーク術

この本に惹かれた理由は、
「昨日起こった出来事を面白く話す」という煽り文句。

ほかに、



誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方



一生折れない自信のつくり方

スギちゃんのオフィシャルブログ「スギちゃんのワイルド日記」は、
ケータイを使って更新され、
使われる写真は、スギちゃん自身によってセルフタイマーで撮影されている。

2012年2月26日付の「いつもどうやって」という記事を更新する様子が、
リアルスコープZ(2012.6.9OA)で紹介される。

いつもどうやって|スギちゃんオフィシャルブログ「スギちゃんのワイルド日記」
http://ameblo.jp/072100/entry-11175701162.html



スギちゃんに改名をアドバイスしたゲッターズ飯田

レッドカーペット賞を受賞する一ヶ月前の2011年11月、
後輩の占い芸人・ゲッターズ飯田に相談。
前の芸名・杉山えいじから、スギちゃんに改名することをアドバイスされる。

その後、レッドカーペット賞受賞、R-1ぐらんぷり準優勝などで、
ブレイクを果たす。

改名のタイミングを11月21日と指定したのもゲッターズ飯田であった。

ゲッターズ飯田曰く、もしスギちゃんに改名していなかったら、
今ほどブレイクしていないと思うとのこと。

改名してなくとも売れたは売れたと思うが、
今ほどではなかったということ。

スギちゃんの今後についてはゲッターズ飯田の占いによると、
「来年(2013年)はもっと良いですよ」とのこと。

2015年には本格的な役者の仕事が来たりとか、
演技の仕事が来るそう。

あと海外で仕事が来るかどっちかだという。

またスギちゃんは占い上で、天才の星を持っている。

恋愛については、来年(2013年)結婚しないとしばらく無い。
相性がいい相手は、音楽関係とか芸術関係の仕事をしてる人。
ちなみに、和田アキ子とは相性が良いとのこと。

 ボーダーを着る女は、95%モテない! ゲッターズ飯田

スポンサード・リンク

な行の有名人プロフィール

ま行の有名人プロフィール

スポンサードリンク

気になる有名人たち