×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

六角精児 離婚 結婚

Image Replacement
スポンサード・リンク

六角精児(ろっかく せいじ)とは

ろっかく せいじ
六角精児 プロフィール

本名 山地 克明〈やまじ かつあき〉



俳優

1962年6月24日 生まれ
出身 兵庫県

東京の下北沢に30年ぐらい住んでいる。

高校は、演劇部の活動が盛んなことで知られ、
神奈川県でも偏差値が高いといわれる神奈川県立厚木高等学校を卒業。

学習院大学中退。

ギターはコンサートを行うほどの腕前。

父は、「南朝史」関連など多くの著作がある歴史研究家の山地悠一郎氏。

劇団扉座の旗揚げメンバー。



代表作は、

ドラマ「相棒」シリーズ(テレビ朝日)、
ドラマ「電車男」(フジテレビ)、
映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」、
映画「十三人の刺客」など。

NHK連続テレビ小説「カーネーション」では、
ヒロイン糸子が営む洋裁店の経理・松田恵役を演じた。

六角精児の離婚歴と結婚歴

離婚歴は3回。

1度目の結婚は、29歳の時で、この時は2年で離婚。

2度目の結婚は、35歳の時。お相手は劇団の仲間。4年ほどで離婚。

3度目の結婚は、2003年、20歳年下の専門学校生と。長男をもうけたが2年後に離婚。

4度目の結婚は、2011年。お相手は2度目の結婚の時の奥さん。

六角精児のエピソード

2012年5月7日に放送された
スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演した際のトークより

・小さい頃は暗い子で、扱いにくい子だった。

・成績が悪かったテストを森に埋めていた。

・小学生の頃から仮性近視でだったが、
メガネを掛けるのは恥ずかしく裸眼で生活していた。

・高校生の頃は、体重50kgほどだった。

・通っていた厚木高校は必ず部活に入らなくていけない学校だったので、
楽だろうという思いから演劇部へ入る。

・厚木高校は演劇が盛んな高校だった。

・番組内で紹介された当時の写真は、「山椒魚だぞ!」の舞台での一コマ。
この作品は全国高等学校演劇大会にて優秀賞と創作脚本賞を受賞。

・のちに有名な劇作家となる横内謙介氏とは、 同じ厚木高校出身で、
共に扉座の前身である劇団「善人会議」を旗揚げする。

・六角精児の芸名は、20歳くらいの頃、
劇団の中で芸名を付けてみようという気持ちからつけた。
特に芸名の由来や意味はなく、インパクトで、
「誰も他にいないだろう」と思って付けた名前。

・六角精児が28歳の時に出演した舞台、
「フォーティンブラス」はNHKで劇場中継がなされ、
番組内でその時の映像の一部が流される。

「フォーティンブラス」(1990年)
劇団 善人会議公演
作・演出 横内謙介

・テレビで緊張すようになったのは、この劇場中継がきっかけ。

・演出家の杉田成道氏との出会いで初めてプロの厳しさを痛感した。

杉田成道氏は、
北の国からシリーズ」や映画「最後の忠臣蔵」などで有名な演出家。

六角精児は杉田成道氏の舞台「女殺油地獄」に参加。

これまでの受け身の人生から方向転換。
自分から何かを見せたいと思うようになる。

・「相棒」の鑑識官・米沢守役は、“奥さんに逃げられた”という役どころ。
これは六角精児自身が3回の離婚話をプロデューサーに話したところ、
次のクールの脚本から米沢守の設定に反映された。

・趣味はギター演奏。音楽活動。
高校生時代はベースを弾いていた。

高校生の頃の好きな音楽のジャンルは、フージョン、ロックなどで、
現在は、アメリカントラッドやブリティッシュトラッドなど。
自分で弾くのはフォークなど、アコースティック音楽。

番組ではラブソングを初めて書いたと言われる
下田逸郎氏の「早く抱いて」の1番と3番を弾き語りで披露。



「早く抱いて」
詩・曲 下田逸郎

髪は、最初の頃は母親に切ってもらっていて、
今は床屋だが、小さい頃からずっと同じ髪型。

鉄道ファンであり、特に好きな鉄道は、秋田の五能線。
青森から秋田への路線で、風景が綺麗なのがお気に入り。
日本海も白神山地も津軽海峡の方も見られるのが良いという。




にじいろジーン 〜ぐっさんを連れて行くならこんなトコ〜

2012年5月12日に放送されたフジテレビ系列の番組、
にじいろジーン」の冒頭のコーナー、
“ぐっさんを連れて行くならこんなトコ”に、
六角精児さんがゲストとして出演されました。

“ぐっさんを連れて行くならこんなトコ”では、
下北沢に30年ぐらい住んでいるという六角精児さんが、
普段から行っているお店やおすすめスポットを、
ぐっさんこと、山口智充さんと、ぶらり散策するという内容でした。

<ぐっさんを連れて行くならこんなトコ>

こうぜん
住所 東京都世田谷区北沢2-33-2 第二周和ビル1F

2012年2月にリニューアルオープンしたお店で、
六角精児さんは前のお店の時代から20年以上通い続けている。
六角精児さんとぐっさんは、店自慢の「鶏ときのこの煮物」を堪能。

下北沢の道端ではよく柄本明さんと会うといい、
息子さんの柄本佑さんと柄本時生さんと一緒にお芝居もしている。

柄本明さんのご一家ともよく会うといい、
柄本明さんの家の犬がマーキングしている所と、
六角精児さんが歩く場所が同じというエピソードを披露。

劇団扉座を立ち上げた頃は食えない時期が続き、
カセットテープの倉庫でのバイトなどを行なっていたが、
扱っているのは、歌手本人が歌ったものではない曲のテープ。
たとえば、「五木ひろしを歌う」など、
別人が歌ったものを吹き込んだテープ(当時8トラックと呼ばれたもの)で、
それをダイエー等に発送するバイトだった。

ちなみにその話を聞いていたぐっさんは、
当時そのシリーズのアニメソング集などを親に買ってもらっていた。


理容室 Parry(パリー)
住所 東京都世田谷区北沢2-34-11

六角精児さんが坊ちゃん刈りの髪型を30年近くお願いしてもらってるお店。


リサイクルショップばら商店下北沢店
住所 東京都世田谷区代沢5-8-10
http://www.barashoten.com/shimokitazawa.html

六角精児さんのご友人が営んでいる色々なものが揃うリサイクルショップ。
六角精児さんは4年ほど前からこのお店のイメージキャラクターを務めています。

ばら商店を散策中、「ボクシング用ゴング」や「ボストンバッグ」、
「太陽型オブジェ」「HONDA S800の模型」などレア物グッズを発見。
そのほとんどが21000円という不思議と共通した価格設定だったが、
店員さん曰く、「困った時は21000円で」とのこと。

 


BEAR'S
住所 東京都世田谷区北沢2-9-3 下北沢Kビル101
ベアーズ
http://www.bears-shimokita.com/



本多劇場近くにある洋服店。20年前にオープン。
六角精児さんが週に一度は通っているセレクトショップで、
六角精児さんお気に入りのジーンズは、「DOWN NORTH JEANS」。
下北沢の「下北」を意味するネーミングで、
2007年に誕生した地域密着型のブランド。
お尻のポケットには、
小田急線と京王井の頭線と下北沢駅をモチーフにしたラインが入っています。


電気クラゲ
住所 東京都世田谷区下北沢1-45-16

六角精児さんが週に4回は通っているバー。
10年以上通うという、自宅同様に落ち着くお店。
お店の看板には、以前のお店の名残りの
「沖縄ラーメン」や「台湾肉丼」の文字が残ってるが、
現在のお店とは全く関係がないとのこと。
お店のマスター・秋田達男さんと六角精児さんは、
2004年から5年間ルームシェアをして暮らしていた。
六角精児さんは当時、
所帯を持つつもりで横浜で暮らしていたが、うまくいかず、
同じような境遇だったマスターに誘われルームシェアすることに。


「ロックンロール」 BAN BAN BAZAR

現在は「六角精児バンド」を結成し、音楽活動中。
ライブを見に行ってるという秋田さんの電気クラゲ店内で、
六角精児さんが大好きという曲を弾き語りで披露。



六角精児の主な出演メディア

2000年 ドラマ「相棒」米沢守 役



2003年 P&Gパンテーンドラマスペシャル「笑顔セラピー」



2005年 ドラマ「電車男」牛島貞雄 役



2007年 映画「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」編集長役



2008年 アニメ「クリスタル ブレイズ」ポリリン役

 


2008年 映画「相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」米沢守役



2008年 ドラマ「LOVE17(ラブセブンティーン)」



2009年 映画「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」米沢守役
2009年 ドラマ「7万人探偵ニトベ」刑事・宗像次郎 役
2009年 ドラマ「傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか?」 山野鳥夫 役

   

2009年 「ダウンノースジーンズ」愛用談・読売新聞掲載(6月12日)



2010年 映画「明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛」 和田役
2010年 映画「十三人の刺客」大竹茂助役
2010年 映画「相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜」米沢守役

  

2010年 ドラマ「インディゴの夜」塩谷馨 役
2010年 ドラマ「同窓会〜ラブ・アゲイン症候群」亀村太一 役

 

2011年  「徹子の部屋」(1月6日放送)
大谷亮介、山中崇史、川原和久らとともに出演。

2011年「ウチくる!?」(5月29日放送)

2011年 ドラマ「私は屈しない〜特捜検察と戦った女性官僚と家族の465日」泉谷主任検事 役
2011年 ドラマ「陽はまた昇る」杉崎孝夫 役



2012年 ドラマ「カーネーション」松田恵 役



2012年 「2012年通販生活春号」掲載・「座・気まま」愛用談



2012年 映画「ミッシング ID」(6月1日公開)CMナレーション。

2012年 「スタジオパークからこんにちは」ゲスト出演(5月7日OA)
2012年 「にじいろジーン」VTRゲスト出演 地元・下北沢をぶらり散歩(5月12日OA)

六角精児 関連書籍

 Atsugi Lovers エイムック 【ムック】

 熱血鑑識官米沢守のドッキリ事件簿zero

 夢で食えると思うなよ
「なりゆき人生」論 なりゆき人生が覚醒するとき―六角精児 他

スポンサード・リンク

な行の有名人プロフィール

ま行の有名人プロフィール

スポンサードリンク

気になる有名人たち